ふきのとうの味噌だれ(バジルオイル)

ふきのとうは、雪解けを待たず春一番に顔を出す山菜です。縄文時代から食べられていたというふきのとうは、体の新陳代謝を活性化し、目覚めさせてくれる力があります。また抗酸化作用もあり、花粉症にも効果があると言われているので、この時期一度は食べたい春の味です。

 

[材料]

鎌倉オイルバジル 大さじ2
ふきのとう 8粒程度
味噌 大さじ4
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1

 

[作り方]

  1. ボウルに味噌、みりん、砂糖をよく混ぜておく。フライパンにバジルオイルを入れ弱火で温め始める。
  2. ふきのとうを素早く刻み、フライパンに入れ炒める。時間が経つと黒ずんでくるため、一度に作業する。
  3. ふきのとうがオイルと馴染んでしんなりとしたら、1の味噌だれを加え3分くらい炒めて出来上がり。

★冷蔵庫で約1週間〜10日間日持ちします。白いご飯に乗せたり、焼きおにぎりにしたり、お弁当にも便利です。今回はお豆腐に添えてみました。

7+