古代ローマのレモンパスタ(レモンオイル★)

[材料] 2人分

鎌倉オイルレモン 漬け込まれたハーブ類も含めたっぷりと
ニンニク 1かけ
白ワイン 大さじ1
塩、胡椒 適量
ミラノサラミ(生ハムでも良い) 4枚
レモンスライス 2枚
イタリアンパセリ 適量
スパゲッティor タリアテッレ 4人分

★鎌倉オイル使い切りレシピ
こちらのレシピは、残り少なくなった鎌倉オイルのハーブやスパイスも含め、オイル使い切りで作るととてもおいしいメニューです。

 

[作り方]

1. 塩をたっぷり入れたお湯でパスタを茹で始める。
2. レモンオイルの中身を全てフライパンに入れ、そこに皮をむいてスライスしたニンニクも入れ、弱火にかける。
3. ニンニクが色づき香りが出たら、茹だったパスタと茹で汁大さじ1も加え、強火にし、白ワインも加えてかき混ぜる。味をみて塩味が足りない場合には、塩も加え、胡椒もまぶす。
4. パスタに味が絡んだら器に盛り、サラミや生ハム、レモンのスライスを飾り、刻んだイタリアンパセリを乗せ、最後に全体に胡椒をかけて出来上がり。

★柔らかいハーブ類も一緒にお召し上がりいただけます。スライスレモンをフォークで潰しながらパスタと馴染ませると、さらにレモンの風味が広がります。